洋楽バラードが大好きです。歌詞が良いと思う曲は自分が感じたままに和訳してます。素敵な曲たちをぜひ聴いてみてくださいね!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
薔薇の季節ですね
近所に真っ赤な薔薇を門に這わせているお家があって、そばを通るたびに目が行ってしまいます。
真紅の薔薇の存在感ってすごいですね!

ということで、薔薇にちなんだ名曲
Bette Midler(ベット・ミドラー)の「The Rose」を紹介します。

この曲はジャニス・ジョプリンをモデルに作られたといわれている同名の映画「ローズ」の主題歌で、ベット・ミドラーは主役を演じています。
映画のエンディングで流れるこの曲は、しみじみ聴いているとホロリときてしまいます。



The Rose 訳

愛は川だと ある人は言う
柔らかいアシをも溺れさせるのだと
愛は刃物のようだと ある人は言う
心を傷だらけにする 刃物のようなものだと
愛は飢えだと ある人は言う
永久に 満たされることはないのだと
愛は花だと 私は思う
そしてあなたは そのたった一つの種なんだと

傷つくことを恐れては
決して踊れるようにはならない
夢が覚めることを恐れては
チャンスをつかむことはできない
受け入れようとしない者は
与えることもできない
死を恐れる魂は
人生の学びを得られない

夜があまりに寂しくて
道のりがあまりに長すぎると感じるとき
そして
愛とは 幸運で強い者だけのものだと嘆いてしまうとき
思い出して欲しい
冬の雪の奥深く 眠っている種が
太陽の愛を受けて
春には 薔薇になるのだと


  

★「The Rose」をダウンロード★



スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://secretbonita.blog93.fc2.com/tb.php/106-0977d945
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック