洋楽バラードが大好きです。歌詞が良いと思う曲は自分が感じたままに和訳してます。素敵な曲たちをぜひ聴いてみてくださいね!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Chris De Burgh(クリス・デ・バー)の「The Lady In Red 」

映画「ワーキング・ガール」の挿入歌です。
「ワーキング・ガール」って昔すごくヒットした映画ですよね、たしか・・・
主題歌も大ヒットしてたような記憶があります。
都会でバリバリ働くかっこいい女性の映画だったような気がします。

この「Lady In Red」という曲は、クリス・デ・バーが奥さんに向けて作った曲だそうです。
なんでも、赤いドレスを着た奥さんがあんまりにもキレイで惚れ直したんだそうな・・・



簡単に歌の内容を説明すると、
「今夜のようにキレイな君を見たことがなかったよ
 みんなが君と踊りたがってる
 君が振り返って 僕に微笑んだとき ドキッとしたんだ
 赤いドレスのレディは 僕とダンスしている
 二人っきりで
 でも僕は この美しい人のことをすごくよく知ってるんだ
 僕はぜったいに 今夜の君を忘れない
 僕の赤いドレスの女性
 愛してるよ」

といったかんじです(#^.^#)

奥さん、キレーだったんでしょうね~ うらやまスィー
歌詞といい、メロディといい、結婚式なんかにはもってこいの曲ですよね




 
スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://secretbonita.blog93.fc2.com/tb.php/115-cf33af57
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック