洋楽バラードが大好きです。歌詞が良いと思う曲は自分が感じたままに和訳してます。素敵な曲たちをぜひ聴いてみてくださいね!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Desiree Weekesの「Kissing You」

ディカプリオの「ロミオ+ジュリエット」の二人の出会いの場面でのテーマソングです。
このシーン見てるとなんだかジーンとしてきませんか?
ロミオとジュリエットはお互いが敵同士ということは関係なしに愛し合ってしまいますが、それはやはり悲しい結末を迎えてしまいます。
「ロミオとジュリエット」をもとに作られた「ウエストサイド・ストーリー」という映画がありますよね。
そのラストで
「みんなが彼を殺したのよ!憎みあう心が殺したのよ!あたしもみんなが憎い!」
とマリアが仲間にピストルを向け泣き崩れるシーンがあります。
両家のつまらない憎しみ合いが二人の悲劇を生んだということです。
シェークスピアっていつの時代の人でしたっけ?
人間は太古の昔からきっと憎みあってきたのでしょうね。
人間の争いは終わらないんでしょうか?
争いに加担するのではなく、それを悲しむ人間が増えたらいいんじゃないかな~?
ロミオとジュリエットにとって家名などどうでもよかった。
美輪さんの言葉じゃないけれど、「盗んだわけでも、殺したわけでもない。人間が人間を愛して何が悪いんだ。」ってかんじですね。
この物語から人が学ぶことは大きいと思います。



Kissing You 訳

どんな試練にも
私は耐えられる
強い者は決して倒れたりしない
でもあなたのいない夜は
心が涙にくもる
生きることは
こんなにも苦しい
切ないこの痛み
だから
あなたに口づけを
あなたに口づけを


  


スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://secretbonita.blog93.fc2.com/tb.php/58-13a6831e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック