洋楽バラードが大好きです。歌詞が良いと思う曲は自分が感じたままに和訳してます。素敵な曲たちをぜひ聴いてみてくださいね!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Kate Bush(ケイト・ブッシュ)の「WUTHERING HEIGHTS」

さんまの「恋のから騒ぎ」のオープニングでお馴染みのこの曲。
実はすごく感動的でせつない歌だということ知ってますか?
この曲はエミリー・ブロンテの小説「嵐ヶ丘」をもとに作られた曲です。
映画では1939年のローレンス・オリヴィエのものと、1992年のジュリエット・ビノシュのものを観たのですが、個人的に’39年の作品が好きです。
なぜって、’39年のヒースクリフ役のオリヴィエの方が断然素敵だからです

内容を簡単に説明すると、上流階級の女の子キャシーの家に貧しいジプシーの男の子ヒースクリフが馬番としてもらわれてきます。
2人は意気投合し、やがて成長して恋に落ちます。
しかし、身分のちがう2人が結ばれるわけにはいかず、キャシーは立派な家系の男性と結婚してしまします。
その後、ヒースクリフは姿を消し、再びキャシーの前に現れたときは事業に成功した立派な紳士となっていました。
が、キャシーは病に犯され亡くなってしまいます。
その後、ヒースクリフの望みどおり、キャシーは亡霊となって出てくるのです。
詳しい内容はこちら。

結局キャシーはヒースクリフをあの世に連れて行ってしまうのですが。
この曲、サビの部分は亡霊になったキャシーの想いです。
「ヒースクリフ、私よ。戻って来たのよ。ここを開けてちょうだい、外はすごく寒いの」
というこの部分が美しいピアノとメロディで歌われていてほんとにせつないです。

原作のエミリー・ブロンテの小説「嵐ヶ丘」はかなりイイらしいので、いつか読んでみようと思います♪



WUTHERING HEIGHTS  訳

風吹く荒野で
私たち 転げまわって遊んだものよね
あなたは 私と同じくらいやきもち焼きで
情熱的で欲張りだった
どうして私を置いて行ったの?
あなたが必要だったのに!
あなたを恨んだわ でも愛してた
毎晩 戦いに負けそうになる夢を見るのよ
私の嵐ヶ丘 嵐ヶ丘 
嵐ヶ丘を後に残して・・

* ヒースクリフ、私よ、キャシーよ
  戻ってきたのよ すごく寒いわ 窓を開けて中へ入れてちょうだい

あなたとは違うこの世界は
なんて暗くて 寂しいんでしょう!
恋しくてたまらない
あなたなしではダメになってしまう
私は愛に戻るわ 残酷なヒースクリフ!
私のたった一つの夢 私だけのご主人様

長い間 夜をさまよっていたけど
彼のそばへ戻るわ
家に帰るわ 嵐ヶ丘 嵐ヶ丘
嵐ヶ丘へ

*リピート

ああ、あなたの魂を掴み取って行きたい
ああ、どうか私にそうさせてちょうだい
私よ、キャシーよ

*リピート

ヒースクリフ、私よ、キャシーよ
帰ってきたの とっても寒いの・・・


   

★「Wuthering Heights」をダウンロード★



スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://secretbonita.blog93.fc2.com/tb.php/96-069610af
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック